食を通じて
暮らしを豊かに

人形町に誕生!はしご酒を楽しむ横丁タワー「ハシゴ楼」に行ってみた。

VIEW:3641
公開日:
更新日:

読み物
酒類

今回は2023年7月6日にオープンしたばかりの、東京の日本橋人形町にある「ハシゴ楼(ろう)」に行ってきました!
時は社会人の胸が高鳴る金曜日、好奇心旺盛な新米ぐるっぱ事務局員が選んだお店は。。

ハシゴ楼って?

外観(ライター撮影)

都市型商業施設「M’s CROSS(エムズクロス)人形町」の1~5階にオープンした新感覚の居酒屋横丁。北は北海道から南は沖縄まで、全国から集まった新進気鋭の飲食店が一堂に会します。コンセプトは“はしご酒”ד楼閣”。ハシゴを上り下りするように、下から上へ、上から下へ、2軒3軒とはしご酒をしたくなります。ちなみに、人形町駅のA6出口から歩いて1分もかからない好立地です。

1軒目「オイスタースタンド 人形町」4F

白ワインと生牡蛎(ライター撮影)

お洒落なレイアウトに惹かれて入店し、白ワインと岩手県産生牡蛎をオーダー。海の幸の爽やかな香りと白ワインの相性が抜群で、うっとりとしてしまいました。。こちらは少量でも満足度が非常に高いので、仕事帰りのちょい飲みにも良さそうです。

2軒目「商館味坊(ショウカンアジボウ)」4F

もう早く飲みたいので次のお店へ!移動は盛らずに3秒もかかりません、なぜならお店は目の前だからです。最高!

こちらは中華料理の中でも珍しい、中国東北地方の料理を提供する大人気中華料理屋の「味坊集団(アジボウシュウダン)」が都内に出店した11店舗目。「ガチ中華」という新ジャンルを発信されており、あの「孤独のグルメ」でも取り上げられた上野御徒町の「羊香味坊(ヤンシャンアジボウ)」には、私もよくお世話になっています。。

パクチーサラダとビール(ライター撮影)

今回は定番の羊肉串だけでなく、パクチーサラダもオーダー。青唐辛子が利いていて爽やかなのに深みのある香り、癖になります。。羊肉(ラム)との相性もたまりません!

中国白酒3種飲み比べ(ライター撮影)

また、面白かったのはこちらの白酒飲み比べ。アルコールが30度・40度・50度台と3段階になっており、価格は3つセットで驚愕の350円!コスパが良すぎますね。。
度数のことはつゆ知らず頼んでいたライターですが、、飲み口は癖がない透明感のある味わいで、さらっと飲めちゃいました。横丁の雰囲気って知らないうちに酔いが回るから罪ですが、そーゆーところも含めて好きなのでまた来たいと思います。ご馳走様でした!

まとめ

いかがでしたでしょうか。20代~50代の仕事帰りらしき、落ち着いた雰囲気の方が多く、がやがやし過ぎず心地よく酔える空間でした。(各階へハシゴできるにも関わらず、楽しくてずっと同じフロアにいたことは反省です。。)
尚、お会計は全店完全キャッシュレス決済となります。詳しくはこちら
東京駅から近く、観光地としても人気の人形町。皆様もぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。