食を通じて
暮らしを豊かに

新しい喫食提案 ビスケット&クッキーとワインのマリアージュ

VIEW:617
公開日:
更新日:

本記事は㈱フードニュース、㈱山星屋のオウンドメディア「お菓子と、わたし」、国分グループ本社㈱の同「ぐるっぱ」の合同企画です。ライターウジリィがお菓子とワインのマリアージュ選定委員会のメンバーとして参加しており、3社からお菓子とお酒の相性について様々な観点からご提案出来ればと考えています。なお内容についてはフードニュース社HPからの転載となります。フードニュース社HP:https://foodnews-inc.jp/

読み物
グルメ

お菓子とワインのマリアージュ選定委員会


Y(山星屋代表):「お菓子と、わたし」編集部 兼 ライター

K(国分グループ本社代表):酒類全般&チェアリング愛好家。日本ソムリエ協会(J.S.A.)ソムリエ/SAKE DIPLOMA

F(フードニュース代表):弊誌編集部。ワイン&音楽愛好家。日本ソムリエ協会(J.S.A.)ワインエキスパート、J.S.A.ワイン検定ブロンズクラス・シルバークラス認定講師

ビスケット&クッキー×赤ワインで1日のエピローグをゆったりと


従来の“セオリー”に囚われず、お菓子とワインの新しい組み合わせを探検していく不定期連載企画の2回目。今回はビスケット&クッキーをテーマに、ワインとのマリアージュを試してみた。
プレーンな味わいのものはもちろん、チョコ系や塩味系、おつまみ系まで、幅広く取り揃えたビスケット&クッキーとワインの組み合わせは前回同様、例えば、いわゆる”チーズ味”と赤ワインといった、王道・鉄板の組み合わせに疑問符がつくなど、事前の予想を大幅に塗り替える結果に。
お菓子と、わたし」(㈱山星屋)や「ぐるっぱ」(国分グループ本社㈱)の担当者も、座談会では“驚き”の連続となった。
楽しく予想を裏切ってくれるマリアージュの数々に、探求心が刺激される座談会が展開された。

ワインとビスケット&クッキーのご紹介

今回、ビスケット&クッキーとのマリアージュを試した5本のワイン。左から、A リコッサ アスティ スプマンテ(白・発泡)、B ローズマウント ブレンド・トラミネール・リースリング(白)、C アルプス 長野の恵み(白)、D ロシュ・マゼ ピノ・ノワール(赤)、E KWV ケープ・ルージュ(赤)

A リコッサ アスティ スプマンテ(白・発泡)
イタリア アルコール度7%
きめ細かい泡とハチミツのような優しい甘みが心地好い甘口。後味にフレッシュなシトラスの酸味が広がる

B ローズマウント ブレンド・トラミネール・リースリング(白)
オーストラリア アルコール度10%
冷涼地域で栽培されるブドウ品種による、やや甘口。花梨やライムの香りが華やかに立ち上がり、口の中に広がる上品な甘みがリッラクスさせてくれる

C アルプス 長野の恵み(白)
日本 アルコール度12%
長野県産ナイアガラ種100%使用のやや甘口。口に含んだ瞬間、品種独特のフルーティ
さが、“ブドウ”を強く感じさせ、ワインの醍醐味をダイレクトに味わわせてくれる

D ロシュ・マゼ ピノ・ノワール(赤)
フランス アルコール度12.5%
ややドライな飲み口。南仏らしいベリー系の香りやスパイシー感を伴う果実味溢れる味わい。しっかりした骨格を感じさせつつもピノ・ノワールらしい繊細さも兼ね備えている

E KWV ケープ・ルージュ(赤)
南アフリカ アルコール度13.5%
やや軽めでドライな飲み口。スッキリした果実味とフルーティな香りが口中で心地好く膨らみながら、滑らかに喉を通っていく

今回、マリアージュ用に集められたビスケットとクッキー。味わい、食感などバラエティ豊かな17種類

01.マクビティ ダイジェスティブビスケット オリジナル 02.ラ・メール・プラール サブレ(以上、モントワール) 03.ムーンライト(森永製菓) 04.チョコチップクッキー(イトウ製菓) 05.カントリーマアム(バニラ&ココア)(不二家) 06.マクビティ ダイジェスティブビスケット チョコレート(モントワール) 07.チョコ&コーヒービスケット(ブルボン) 08.クックダッセ<ホワイトチョコ>(三立製菓) 09.ミレービスケット(コーヒー風味)(野村煎豆加工店) 10.ハーベスト香ばしセサミ(東ハト) 11.ルヴァンプライム(ヤマザキビスケット) 12.プリッツ<旨サラダ>(江崎グリコ) 13.アスパラガス(ギンビス) 14.塩バタかまん(宝製菓) 15.リッツ チーズサンド(モンデリーズ ジャパン) 16.生チーズのチーザ<カマンベール仕立て> 17.クラッツ<ペッパーベーコン>(以上、江崎グリコ)

チーズ味など「おつまみ系」との組み合わせに“?”が浮上


F 6月号に続き、2回目は「ビスケット&クッキー」をテーマに、ワインとのマリアージュを試してみたいと思います。今回はプレーンな味の商品からチョコレートやココアがミックスされた“チョコ系”、塩味系やチーズやベーコン味の“おつまみ系”など、幅広く17種類を揃えました。食感もしっかりしたクリスピーなものから、口溶けのいいソフトなものまで。ワインは、やや甘めの白と、ドライな赤を各2本ずつ。さらに白で甘めのスパークリングも加えた5本を用意しました。

 17種類のビスケット&クッキーと5種のワインのマリアージュをすべて試しながら、ビスケット&クッキーに関してはマトリックス分布(図参照)を決めましたが、みなさんはどんな印象を抱かれましたか。


Y ワインに関して、全体に合わせやすいと感じたのは、やや甘口ながら酸がしっかりしている白(B)です。ワインってフォアグラなどのレストラン料理と合わせるイメージが強かったのですが、市販のビスケットも合うという“発見”に驚き、新鮮なマリアージュでした。その中で万能ビスケットだと感じたのが「ハーベスト香ばしセサミ」(10)で、香ばしさがどのワインとも合う印象でした。組み合わせ的に最も合ったのはドライな赤(E)と「カントリーマアム」(05)で、どちらも濃厚な味覚なのでバランスがいいと思いました。

K 私もこの組み合わせは高評価です。やはり、両方ともほどよく濃くて、味わいにもコクがあるので、くたびれたときなどは、身体に染み入ってくるような味わいですね。

F 私も(05)の「ココア」と赤(E)は味覚がシンクロすると感じました。多分、深みのあるポリフェノール系の味わいが重なったのだと思いますが、個人的には“ヒット”でした。

Y それから赤(E)とは、「クックダッセ<ホワイトチョコ>」(08)が合いました。クリームが入っていますが、その甘さがワインの渋味をほどよく打ち消してくれました。ほかには「ラ・メール・プラール サブレ」(02)も(E)と好相性でしたね。

K (08)は私も◎の評価ですね。
 そう考えると、ビスケット&クッキーは塩気、バター、チョコの甘さがキーポイントになりましたが、前回の座談会で、ぶどう味のグミとワインが“ぶどう×ぶどう”の組み合わせなのに今一つだったように、今回もチーズ味のような王道の商品は、意外に調和し難いのかなという印象を抱き、それも“新しい発見”で……。私の印象として、赤ワインはチョコ入りを含めて、バター系の味わいが合うように思いました。
 それとは対象的に、白の甘めのワインは塩味系と調和しそうでしないという感想と、マリアージュさせるのが少し強引かなという感覚でした。

F 今回、個人的には白の発泡(A)が、「マクビティ ダイジェスティブビスケット オリジナル」(01)や「ラ・メール・プラール サブレ」(02)、「チョコチップクッキー」(04)といった、比較的プレーンでバターの香りがリッチなものが合う印象がありましたが、同時にドライな赤(E)も、先に話した「カントリーマアム」(05)の「ココア」など、シンクロするものがいくつかありました。
 多少の個人差はありますが、今回の喫食提案としては、ドライな赤ワインとチョコやココアのコク、あるいはクリームの甘さやバターのリッチな味わいを備えたビスケット&クッキーとの組み合わせがありそうですね。

心地好い屋外と1日のエピローグ 喫食シーンの広がりもさまざま


F また“新たなマリアージュ”が提案できそうですが、それはどんなシチュエーションで味わってみたいですか。

Y おすすめなのは、ビアガーデンとか野球場とかサッカー場といった、開放的な空間。あるいは、キャンプで夕食の前に先飲みするとか、とにかく外で楽しんでみたいです。

K 確かにビアガーデンはお菓子を置いていないので、あるとうれしいですね。また、キャンプで料理にこだわっている人を尻目に「お先に~」って感じで楽しんでしまう、いわゆる“お酒&お菓子班”のような立ち位置で楽しんでしまうのもいいかもしれませんね。
 あるいは、キャンプの食事が一段落した夜の10時ごろ、寝る前にちょっとまったり……というような。そのくらい、ワインとの組み合わせをカジュアルに提案したいですね。

Y それから、いつものお家で、のんびりしていて、ちょっと気分を変えたいとき。あまり構えない感じで楽しみたい。“違った気分を味わいたいときの演出品”のようなアイテムとして。

K 例えば、贈り物などでいただいたクッキーと、普段とは少し目先を変える感じでワインを合わせてみるとか。

Y どの商品も片手でつまめるものばかりなので、気軽にマリアージュさせて楽しむことができると思います。そういう“手軽さ”という意味では、週末に女子会のランチなどで、みんなでワイワイやりながら組み合わせを試すのも、気兼ねない感想を言い合えるので、とても楽しいと思います。

F それはとても盛り上がりそうだし、率直な感想を言い合えるという点でもよさそうですね。
 私は今回、ワインを飲みながらプレーンなクッキーが口の中で溶けていくとき、自然と身体の力が抜けて、とても癒される感じがしました。そして、ふいにボビー・マクファーリンの“Don’t Worry, Be Happy”(くよくよせずに楽しくやろう)という曲の、のんびりしたメロディが頭の中でリフレインして……。ちょっとガッカリなことがあっても、このマリアージュでハッピーに気分転換できた感じがしたんですね。だから、シチュエーションとしては、むしろ1人で寝る前にベッドサイドでこっそり楽しみたいかなと思ったりもしています。そういう、ささやかな“幸せ感”を満喫できそうな甘さや、やわらかい口溶け感が、ビスケット&クッキーのマリアージュは印象的でした。

K 最後のつまみ的な位置づけで、夫婦や家族など親密な人とゆっくり話しながら一緒に楽しんで、そのまま寝てしまうのもありですね。

F そう考えると、意外と日本人って、欧米の人たちほど「甘×甘」の組み合わせは、ちょっと“くどい”かもしれないというイメージで、あまり追求していないのではないかなと思いました。

K 確かにデートして、夜の10時にケーキなどを楽しむことって、稀だと思います。私は好きですけどね。

F 今回の結論としては、赤ワインとコクのあるリッチなビスケット&クッキーの組み合わせが、1つの提案としてあるとうことですね。
 ビスケット&クッキーの味わいは幅広いので、まだまだ他にも未開拓のマリアージュがありそうな予感もしますが、毎回、新たな発見があるので、次回も楽しみです。